Gerald Levert / ジェラルド リバート

Gerald Levert ジェラルド リバート画像

誕生日

1966/07/13 [52]

グループ

- LSG

Wikipedia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
- Wikipedia(jp)日本語版にページがあります。
 ジェラルド・リバート(Gerald Levert、1966年7月13日 – 2006年11月10日)は、アメリカ合衆国の音楽一家として名高いリバート一家出身のR&B歌手。父親は1970年代を先導したソウルグループThe O'Jaysでボーカルだったエディ・リバート。ジェラルドはマルク・ゴードンと弟シーンとの3人でトリオLeVertを組んだ。また、キース・スウェット、ジョニー・ギルとともにR&BグループのLSGを組みもした。
1980年代から1990年代初頭にかけて、LeVertはヒット曲を連発した。例を挙げれば「Baby Hold On to Me」「Pop, Pop, Pop, Pop (Goes My Mind) 」「Casanova」や「ABC-123」(ジャクソン5に同名の曲があるが、全く別の曲である)などがある。他のミュージシャンに曲の提供もしており、故バリー・ホワイトの久しぶりのヒットとなった「Practice What You Preach」(1994年)も手掛けた。ソロ・アーチストとしても「I'd Give Anything (to Fall in Love) 」「You Got That Love」「Funny」「Mr. Too Damn Good to You」といったヒットを飛ばした。また、クリス・ロックのコメディ・ソング「No Sex (In the Champagne Room) 」ではコーラスを担当するなど活躍の幅も広かった。ジェラルドと父エディは時に一緒に活動をすることもあり、『Father and Son』では親子の共演も聴くことができる。 
- Wikipedia(en)  エキサイト翻訳でWikipediaを開く
 Gerald Levert (July 13, 1966 - November 10, 2006) was an American R&B singer. His father, Eddie Levert, is the lead singer of the 1970s soul group The O'Jays. Gerald Levert sang with his brother, Sean Levert, and friend Marc Gordon in the R&B trio LeVert. He was also a part of LSG, an R&B musical group comprising Keith Sweat, Johnny Gill, and Levert.
 

参加作品

作詞/作曲

4 Bruthas & A Bass
 #7 . Let Me See The Sun
  ★★★★

 #9 . Make Me Know It
  ★★★★

Feat

Keith Sweat
 #2 . Funky Dope Lovin'
 すこしトーンダウンして、ここが本当のアルバムの序曲のような曲。 ★★☆☆

Mirror Mirror
 #13 . All I Want Is You
  ☆☆☆☆☆

アルバム

リリースアルバムの登録はありません。
(Gerald Levertはアルバムをリリースしていない可能性があります)

Amazonで商品検索:Gerald Levert

更新:2009/01/27 01:58
ID : 481

サイト内検

最近の登録

The E Family / Now And Forever Now And Forever / The E Family

人気

Babyface
R. Kelly
Celine Dion
Case
Brandy
4.0
Whitney Houston
Taylor Swift
Joe
Prince