James Horner / ジェームズ ホーナー

James Horner ジェームズ ホーナー画像

数々の映画音楽の作曲家。

誕生日

1953/08/14 [65]

Wikipedia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
- Wikipedia(jp)日本語版にページがあります。
 ジェームズ・ホーナー(James Horner, 1953年8月14日 - )は、アメリカ合衆国の映画音楽作曲家である。カリフォルニア州・ロサンゼルス出身。英国王立音楽アカデミーにおいてジェルジ・リゲティの元で作曲を学び、その後南カリフォルニア大学にて学士号を習得した。UCLAの大学院に進み、修士号を取得した後、同大学で教鞭をとっていたが、ロジャー・コーマンに見出され『ジュラシック・ジョーズ』、『赤いドレスの女』、『モンスター・パニック』、『宇宙の七人』で作曲を手がけた。やはりコーマンの下で働いていたジェームズ・キャメロンとは『エイリアン2』、『タイタニック』で組む事になる。
UCLAで音楽理論を教えていた強みからか、シンフォニックなものから『コクーン』や『ニューヨーク東8番街の奇跡』のジャズ風のものまで幅広いスタイルを駆使するが、自身の過去の作品やクラシック音楽といった既成曲との類似を指摘される事が多々ある。代表的なものは『ミクロキッズ』とニーノ・ロータ作曲の『アマルコルド』(ロータの遺族に権利金が支払われた)、『アメリカ物語2』とレナード・バーンスタイン作曲の『ウエストサイド物語』(似過ぎているという理由で書き直しを要求された)、『ウィロー』とシューマンの「ライン」、『エイリアン2』や『今そこにある危機』とハチャトゥリアンの『ガイーヌ』のアダージョなどである。
- Wikipedia(en)  エキサイト翻訳でWikipediaを開く
 James Roy Horner (born August 14, 1953) is an American composer of orchestral and film music. He is noted for the integration of choral and electronic elements in many of his film scores, and for frequent use of Celtic musical elements. Horner won two Academy Awards for his score and song compositions for the film Titanic in 1997.
 

参加作品

プロデュース

Let's Talk About Love
 #12 . My Heart Will Go On
  ☆☆☆☆☆

作詞/作曲

Let's Talk About Love
 #12 . My Heart Will Go On
  ☆☆☆☆☆

アルバム

リリースアルバムの登録はありません。
(James Hornerはアルバムをリリースしていない可能性があります)

Amazonで商品検索:James Horner

更新:2009/01/27 01:58
ID : 937

サイト内検

最近の登録

Alexander O'Neal / 5 Questions - The New Journey 5 Questions - The New Journey / Alexander O'Neal

人気

Celine Dion
Toni Braxton
Babyface
Leann Rimes
TLC
Rihanna
Kelly Clarkson
Billy Joel
Keith Sweat
Solo