Jimmy Jam and Terry Lewis / ジミージャム アンド テリールイス

Jimmy Jam and Terry Lewis ジミージャム アンド テリールイス画像

プロデュースとしてクレジットされることが多いこの二人。
おもな役割は
ドラムス、キーボード(プログラム)がJimmy Jam。パーカッション、たまにバックボーカルでTerry Lewis。

Flyte Tyme(この名は後に二人が設立したプロダクション名)というバンド活動の後、地元ミネアポリスでプリンスをリーダーとするバンドを組んでいた。

http://www.flytetyme.com/

このグループのメンバー

- James Harris III
- Terry Lewis / テリー ルイス

参加作品

プロデュース

Case
 #14 . Cryin' Over Time
 Alexander O' Neal同タイトル曲のカバー。 音の作りも構成もほとんど原曲のまま。 タイトルの綴りが原曲は「Crying Overtime」。 カバーで扱われるくらいだから、当然素晴らしい楽曲。 ★★★

Fanmail
 #6 . I'm Good At Being Bad
 contain elements from "Slippin' into the darkness" written by Morris Dickerson, Charles Miller, Sylvester Allen, Harold Brown, Howard Scott, Lee Osker, Leroy Jordan ☆☆☆☆☆

Johnny Gill
 #1 . Rub You The Right Way
 少々時代を感じる過剰なサウンドエフェクトが気になるが、ノリのいいダンスナンバー。 ジャム&ルイス作。 ★★☆☆

 #7 . Lady Dujour
 少々地味だが、さりげなく格好のいい曲。 キーボードなどバックの音も曲の雰囲気を盛り上げる。 ★★★

 #9 . Giving My All To You
 この曲も、このアルバムを代表するような曲。 淡々としたリズムの中、コーラスから始まる長いイントロから、ボーカルへ。さりげない演出だが印象的でしびれます。 曲の展開が本当すばらしい! ★★★★

 #10 . Let's Spend The Night
  ★★☆☆

 #2 . Get It While It's Hot
 凝ったイントロに始まりスピード感のある曲調はアルバムの一曲目に相応しくアルバム全体のイメージづくりにも貢献している。 Featuring excerpts from "I Want Yout Love", wittern by Bernard Edwards & Nile Rodgers. "I Want Yout Love"の原曲を聴くと、ベースラインをフューチャーしているようだ。 ★★★

 #3 . That's Crazy
 ガラリと雰囲気が変わったリズム感の明るい曲。 リズムの刻み方だったり、ボーカルの高揚するタイミングが、早い曲調の展開の中で次々と作られている。 何気なく聴けてしまうが素人が偶然にでも創れない曲だななどと感心してしまう。 ★★★

 #4 . Sugar Buddy
 スピードダウンして淡々と深刻なイメージの曲。 一聴しただけで心理状態の想像が付くような過剰な音の演出がポップソングの曲づくりの手本のよう。 ★★★☆☆

 #5 . Got Into My Head & Stole My Heart
  ★★☆☆

 #7 . Get It While It's Hot(Ab Experience Remix)
 トラック2のリミックス。 リミックスがアルバムの最後に収録されないのも最近では珍しくもないのかな? ★★☆☆

 #8 . Will He Ever Love Me Back
 軽快でいかにも女性ポップアーティストが歌いそうな曲。 こういう曲はいまだに飽きない、 ★★★

 #9 . Almost There
 いちばんのヒット狙いの曲はこの曲だろうか?。 ジャム&ルイスから量産される高レベルのバラードのうちの一曲ではあるが、いい曲です。 クレジットを見るとWitten by James Wright & Tony Tolbert. ★★★★

 #10 . Curious
 ちょっとトリッキーな音とラップセクションを持った曲。  ★★☆☆

 #11 . Cupid In Me
 この曲もいいなぁ。 曲の進行にあわせて高揚させていく展開は単純だけど聴いていてハッピーになってくる。 曲のタイトルは「私のキューピット」! 小学生の女の子が聴くような曲ですなぁ。 ★★★

Open Letter
 #12 . No Regrets
 イントロから期待感が沸き立つ。 サビへ繋がるスローな高揚の作り方が最高にうまい。 ★★★★

Priceless
 #8 . Strong Man (Jeff In C Minor)
 大変良い。 伴奏も必要最低限でボーカルの存在感が誤魔化しなしで素晴らしい。 と思ったら、ジャム&ルイスのプロデュース。 ★★★★

Exposed
 #8 . Better Than Making Love
 ジャム&ルイス作品。同時期に宇多田ヒカルにも楽曲提供していたので似たような印象のある曲。 ★★★★

 #12 . Loves Still Alright
 ゆったりとしたメロディーが美しい。 同じくジャム&ルイスの手がけたYolanda AdamsのBelieveの収録曲と似た感触を持っている ★★★★

Gems
 #3 . The Right Kinda Lover
 ほんとうに明るく弾むような歌詞とリズムが素晴らしく、昔から好きな曲だったが、ジャム&ルイスの曲でした。 アンネスビーなども参加し、豪華な製作陣が楽しんで制作した様子を想像してしまう。  ★★★★

 #5 . Too Good To Be Through
  ★★★☆☆

作詞/作曲

Let's Get The Mood Right
 #6 . Take Me [I'm Yours]
 ピアノソロから始まるしっとりとしたスローバラード。 本アルバム2曲目のジャム&ルイスの曲。 ★★★

 #3 . Maybe
 このアルバムNo1の曲でしょうか。 よく聴くととても単調なメロディーの繰り返しなのですが、構成と盛り上げ方の展開が本当にうまい。 ジャム&ルイス作 ★★★★

Johnny Gill
 #3 . Wrap My Body Tight
 軽いアップテンポナンバー。さりげなくおしゃれな曲。 ジャム&ルイス作。  ★★☆☆

This Is Who I Am
 #4 . I Wish I Wasn't
 シンプルはピアノの伴奏と淡々としたボーカル。 後半へ掛けての盛り上がりは定石的。 ★★★☆☆

Deborah Cox
 #10 . Just Be Good To Me
 The SOS Bandの同曲のカバー もっとアクの強い曲だったが、アクが抜けた感じだ。  ★★★☆☆

The Morning After
 #1 . Up & Down (In & Out)
 小気味のよい軽快なリズムのオープニング。 ★★★☆☆

 #5 . Hurt So Much
 いかにも狙ったバラードであるがしっとりした印象に残るよい曲だ。 ★★★★

4.0
 #2 . Have A Little Mercy
 ジャム&ルイスによる美メロでソウルフルな楽曲。 ★★★★

 #3 . I Won't Run Out Of Love
  ★★★

アルバム

リリースアルバムの登録はありません。
(Jimmy Jam and Terry Lewisはアルバムをリリースしていない可能性があります)

Amazonで商品検索:Jimmy Jam and Terry Lewis

更新:2009/01/27 01:58
ID : 333

サイト内検

最近の登録