Keri Lewis

Keri Lewis画像

グループ

- Mint Condition / ミント コンディション

Wikipedia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

- Wikipedia(en)  エキサイト翻訳でWikipediaを開く
 Mint Condition is a R&B band from the Twin Cities (Minneapolis, Minnesota and St. Paul, Minnesota). Formed in the late 1980s, its members are lead singer (and in-studio drummer/percussionist) Stokley Williams, bassist Ricky Kinchen, guitarist Homer O'Dell, pianist Larry Waddell, and keyboardist/saxophonist Jeffrey Allen. The group is well known for its highly diverse musical style (able to play anything from traditional jazz stylings to mainstream R&B and rock-based music to funk grooves...もっとみる
 

参加作品

プロデュース

 #8 . Stupid
  ★★☆☆☆

 #7 . Have Yourself A Merry Little Christmas
 クリスマスソングのスタンダードナンバーのJazz風アレンジ。 もとの曲は1944年ミュージカル映画『若草の頃(Meet Me in St. Louis)』の挿入歌なんだそうな。  ★★★☆☆

The Heat
 #9 . Speaking In Tongues
 Toni Braxton自身の作曲 ☆☆☆☆☆

作詞/作曲

Snowflakes
 #1 . Holiday Celebrate
 恥ずかしくなるような幼稚なイントロに笑ってしまうが、この曲は素晴らしい。 スイングを誘うベース、弾むようなカッティングギター、次々とシーンが変わるメロディーの展開。 どれもHappyな様子が伝わってくる上手い演出だ。  ★★★★

 #2 . Christmas In Jamaica
 これも少々気の効かないイントロだがノリのいいレゲイ風のクリスマスソング。 ★★★

 #3 . Snowflakes Of Love
 しっとりとしたクリスマスソング。 オーソドックスなメロディーの安堵感のある曲だ。 ★★☆☆

 #5 . Santa Please...
 流れるようなメロディーが心地良い。 ★★★★

 #11 . Christmas In Jamaica (Remix)
  ★★★☆☆

The Heat
 #2 . The Heat
 アルバムタイトルソング。 一曲目はこちらの方がよかったのでは?と思うなかなか魅力的な歯切れの良い曲。 MN のミントコンディションのKeri Lewisの曲。  ★★★☆☆

 #8 . The Art Of Love
  ☆☆☆☆☆

More Than A Woman
 #1 . Let Me Show You The Way (Out)
 レゲエ風アレンジのノリのいいオープニングソング。 歯切れの良いボーカルが印象的。  ★★★☆☆

 #5 . Lies Lies Lies
 まぁどっちでもいい曲。 アルバム構成上は一番力強く歌われる曲。 ライヴなんかでもバンド演奏にフォーカスするような場面で使われそうな曲だな。 ★★☆☆☆

 #6 . Rock Me Roll Me
 前の曲から効果的なシーン展開でつづく静かで情緒的な曲。 ★★★

 #10 . Tell Me
 単調なリズム主体のスローテンポの曲。 ちょっとパッとしない曲だがライヴ演奏などの違うアレンジを聴いてみたい。 編曲が良くない。 ★★★☆☆

アルバム

リリースアルバムの登録はありません。
(Keri Lewisはアルバムをリリースしていない可能性があります)

Amazonで商品検索:Keri Lewis

更新:2009/01/27 01:58
ID : 586

サイト内検

最近の登録

Adele / 21 21 / Adele

人気

P!nk
Joe
Celine Dion
Boyz II Men
Alexander O'Neal
Jevetta Steele
Blackstreet
SWV
Whitney Houston
TLC