Paul Jackson Jr. / ポール ジャクソン ジュニア

Paul Jackson Jr. ポール ジャクソン ジュニア画像

Wikipedia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
- Wikipedia(jp)日本語版にページがあります。
 ポール・ミルトン・ジャクソン・ジュニア(Paul Milton Jackson, Jr., 1959年12月30日-)はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のジャズ・フュージョンギタリスト。
ジャズ・フュージョン界を中心にセッション活動しているが、その他、R&B界やラテン音楽界等にも参加しており、その数多なアーティストとのセッションの多さからセッション王と称されるほどである。そう呼ばれるほどまでに登りつめた訳は実力もさながら、「先輩のギタリストに当たるリー・リトナーがソロ活動を始めたことで、セッション・ミュージシャンのギタリスト枠に空きが出来、替わってジャクソンがセッション・ミュージシャンとして活躍するようになった」[1]とジャクソン本人も語っている。
- Wikipedia(en)  エキサイト翻訳でWikipediaを開く
 Paul Jackson, Jr. is a fusion composer, arranger, producer and guitarist. He was born and raised in Los Angeles. Jackson knew by the age of fifteen that he wanted to become a professional musician. Growing up in a musical family, his parents were supportive and as such, he attended the University of Southern California, majoring in music.
 In addition to being a recording artist in his own right, Jackson is also highly accomplished L.A. session player, with a career spanning multiple decades and playing on projects from Michael Jackson's Thriller and Bad to numerous recordings by artists from Whitney Houston, Thomas Anders and Patti LaBelle to rockers like Chicago to jazz greats such as Dave Koz, Al Jarreau, David Benoit and Kirk Whalum[1].

参加作品

プロデュース

Pebbles
 #2 . Two Hearts
  ☆☆☆☆☆

ギター

A New Day Has Come
 #10 . At Last
 違うアルバムに切り替わったかと思うほど雰囲気の違うブルース。 前半特に声色がリアンライムスにそっくりだ。 ★★★☆☆

Whitney
 #3 . Love Will Save The Day
 当時のグラブミュージック風の音使いが古くさいが、曲の雰囲気は大変格好がよい。 ★★★

 #4 . Didn't We Almost Have It All
 一転し切ない失恋の曲。 ホィットニーの曲でトップクラスに好きな曲だ。 過去を振り返りながらも力強い歌詞は大変素晴らしい。 ★★★★★

アルバム

リリースアルバムの登録はありません。
(Paul Jackson Jr.はアルバムをリリースしていない可能性があります)

Amazonで商品検索:Paul Jackson Jr.

更新:2009/01/27 01:58
ID : 1087

サイト内検

最近の登録

James Morrison / The Awakening The Awakening / James Morrison
2011

人気

Babyface
R. Kelly
Celine Dion
Case
Whitney Houston
Brandy
Taylor Swift
4.0
Joe
P!nk