Prince / プリンス

Prince プリンス画像

音楽家、アーティスト、制作者として私が最も尊敬する人です。
沢山の音楽を聴くしPrinceの音楽を全く聴かない時期もあります。それでもおそらくPrinceを上回る尊敬できるアーティストは出てこないと思う。
好きな曲も嫌いな曲も沢山あるけど、心底、音楽や歌詞に感情を揺さぶられたのはPrinceの曲でした。まぁ、そういう多感な年齢のときにPrinceの音楽を聴いていたということもあるのだと思うが。

また、一貫した音楽家としての創作活動も他のアーティストと比較して群を抜いていると思う。おそらくモーツアルトと肩を並べるくらい、歴史的にもまれな存在だと勝手に思っています。
現代の若いアーティストの多くで尊敬するアーティストとして名が挙がるのも納得。
音楽産業界に対する制作者としての言動も将来の創作家たちへ与える影響として多大な功績が続いている点も注目している。

誕生日

1958/06/07 [59]

グループ

- Prince And The Revolution / プリンス アンド ザ レヴォリューション
- New Power Generation / ニュー パワー ジェネレーション

別名

Prince / プリンスは、 「The Artist Formerly Know As Prince」 「Tora Tora / トラトラ」 の別名があります。

Wikipedia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
- Wikipedia(jp)日本語版にページがあります。
 プリンス(Prince, 1958年6月7日 - )はアフリカ系アメリカ人のポピュラー音楽のミュージシャン。本名、プリンス・ロジャーズ・ネルスン(Prince Rogers Nelson)。ミネソタ州ミネアポリス出身で現在に至るまで同地に在住している。1984年頃まで1961年生まれということにしていた。
1978年のファーストアルバム以降、ロック、ファンク、ソウル、ブルース、ジャズ、ニュー・ウェイヴ、ヒップ・ホップを自在に取り込んだ唯一無二のスタイルで音楽を創造しつづけ、第一線で活躍しながら多くの信奉者を生んでいる。ミネアポリスサウンドと呼ばれるムーヴメントの中心的存在。この先、何十枚でもアルバムを発表できるだけの楽曲のストックがあるといわれ、またどれほど優れた曲であろうともアルバムの流れから外れた曲は表に出さないという主義から、多大な数のブートレグを生んでいる。その特異な才能への敬意と Prince という名にちなみ、日本のファンは彼を「殿下」と呼ぶ。
- Wikipedia(en)  エキサイト翻訳でWikipediaを開く
 Prince Rogers Nelson (born June 7, 1958 in Minneapolis, Minnesota) is an American musician. He performs under the mononymous name of Prince, but has also been known by various other names, among them an unpronounceable symbol, leading fans and critics to dub him The Artist Formerly Known As Prince or simply The Artist.
 Prince is a prolific artist, having released several hundred songs both under his own name and with other artists. He has won six Grammy Awards and an Academy Award, and was inducted into the Rock and Roll Hall of Fame in 2004. In 2004, he was named as the top male pop artist of the past 25 years by ARC Rock on the Net,[1] and Rolling Stone Magazine ranked Prince #28 on their list of the 100 Greatest Artists of All Time.[2]

参加作品

プロデュース

Be Yourself
 #4 . Yo Mister
 Prince作。 音源の使い方などが本人のアルバム「Batman」とよく似ています。  ★★☆☆

C.K.
 #5 . Sticky Wicked
  ☆☆☆☆☆

作詞/作曲

Be Yourself
 #4 . Yo Mister
 Prince作。 音源の使い方などが本人のアルバム「Batman」とよく似ています。  ★★☆☆

 #6 . Love 89
 これもPrince作。 「Batman」収録の「Trust」と兄弟Songのようによく似た曲調。 ★★★☆☆

Crazysexycool
 #11 . If I Was Your Girlfriend
 Princeの同曲のカバー。 全く原曲をほぼ忠実に再現。 改めて不思議なメロディーとコード進行の曲だ ★★★★

I'm Ready
 #4 . The Halls Of Desire
 作曲者クレジットは、Paisley Park デュエットでPrinceの声も聞こえる。 ★★☆☆

 #7 . Uncle Sam
 Compose by Paisley Park。 PrinceのGraffiti Bridgeで、Tevin Campbellが歌うRound And Roundとよく似た曲 ★★☆☆

 #8 . Interlude
  ★★☆☆

 #9 . Paris 1798430
  ★★☆☆☆

 #12 . Shhh
 こちらのリリースが早いが、後にPrince本人がこの曲を「The Gold Experience」に収録している ★★★☆☆

Songs In A Minor
 #3 . How Come You Don't Call Me
 プリンスの曲のカバー。 原曲の方が良いかな。  ★★★☆☆

Sittin' On Top Of The World
 #15 . Purple Rain
 Princeの同曲のカバー。 ☆☆☆☆☆

Celine Dion
 #12 . With This Tear
  ★★★

C.K.
 #4 . Eternity
  ☆☆☆☆☆

 #5 . Sticky Wicked
  ☆☆☆☆☆

Closer Than Close
 #1 . I Want U (Inner City Blue)
  ★★★☆☆

 #6 . My Tender Heart
 この頃のプリンスが提供する曲にしては珍しく、バラード曲。 飛び抜けて素晴らしい曲ではないが、美しいメロディーの伸びやかな曲。 バックボーカルにプリンスをはじめ、マイケルブランドや、スティールズなどが参加。 ★★★★

 #13 . I Want You (Purple Version)
  ★★★☆☆

アルバム

登録済みアルバムのみなので、Princeの全リリース作品ではありません。
20Ten
☆☆☆☆☆
2010

LOtUSFLOW3R [3 Disc Set]
☆☆☆☆☆
2009
25枚目のオリジナルアルバム。 3枚組のリリースで、1枚は、Bria Valenteクレジットの「Elixer」という名のアルバム。
Indigo Nights
☆☆☆☆☆
2008

3121
★★★
2006
プリンス個人のオリジナリティーが堪能できる強力なアルバム。一昔前ならお蔵入りになっている様な音楽シーンとは無縁の自由なアルバム作りを感じさせる。 自身の古い音源やドラムパターンを多用しているが随所に新しいものも取り入れたサウンドを創っている。 サウンドエンジニアやプロデューサーを起用せずに新しい...もっとみる
Musicology ミュージコロジー
★★★
2004
前半はインパクトを意識したのかバタバタして落ち着かない。 後半ほど一曲一曲作りがしっかり聞き応えがある。 1曲目のインパクトが強すぎ。
N.E.W.S
☆☆☆☆☆
2003

Rave In2 The Joy Fantastic
☆☆☆☆☆
2000

Rave Un2 The JOY Fantastic
☆☆☆☆☆
1999

The Vault: Old Friends 4 Sale
☆☆☆☆☆
1999

1999: The New Master
☆☆☆☆☆
1999

NewPower Soul ニューパワーソウル
★★★
1998
この頃の他の作品と比較してバンド色の少ないアルバム。 それだけにプリンス自身の個性とマニアックさが凝縮している。 例えば生楽器の使用は少なくシンセサイザーやリズムマシンのプログラム中心の音作りもそうした印象を強めているかもしれない。 あまり目立たないアルバム(メジャーレーベルからのリリースでな...もっとみる
The Truth ザ トゥルース
☆☆☆☆☆
1998

Emancipation
☆☆☆☆☆
1996

Chaos And Disorder
☆☆☆☆☆
1996

Girl 6
☆☆☆☆☆
1996

Purple Medley
☆☆☆☆☆
1995

The Black Album ザ ブラックアルバム
★★★★
1994
Sign 'O' the Timesの後、1987年に制作されたがお蔵入りとなった作品。1994年に突如、ワーナーから正式リリースされた(おそらく限定発売で現在は新品では流通していない)。 正式リリースされる以前は、当時プロモ版で一部リリースされたアナログ版を録音したブートレッグ版がブート界の...もっとみる
Come
☆☆☆☆☆
1994

Diamonds And Pearls
☆☆☆☆☆
1994

The Hits/The B-Sides
☆☆☆☆☆
1993

1988-Scandalous Sex Suite
☆☆☆☆☆
1992

Graffiti Bridge
☆☆☆☆☆
1990

New Power Generation
☆☆☆☆☆
1990

Batman
☆☆☆☆☆
1989

Lovesexy
☆☆☆☆☆
1988

Sign O' The Times
☆☆☆☆☆
1987

Around The World In A Day
★★★☆☆
1985
7作目。 正式なクレジットはPrince And The Revolution. 記録的大ヒットの後、休む間もなく前作と全く異なる作品をリリース。 というかパープルレインの制作と同時に行われていたという。 前作とがらりと変わり、素朴で静かな地へ旅に出かけたような曲で構成されている。
1999
★★★
1982
5作目。 MTVも視野に入れた音楽産業のスター像を大衆性を持ちながらも、マイケルジャクソンとは異なる音楽性で実現した作品。
Controversy
★★★☆☆
1981
4作目。 前作と同じジャケットを着て、正装っぽい格好のジャケット。 本作で、感情(曲調)の起伏が激しく、猛烈にアップテンポな曲や、弾むような曲、何度もカバーされることになったバラード系の名曲も収録されている。
Dirty Mind ダーティーマインド
★★★☆☆
1980
競泳用パンツを履いた、わけのわからん格好に身を包んだジャケット写真の3作目。 当時にビデオをみると、相当に過激なステージパフォーマンスを行っており、音楽性を超えた部分での注目度もあった模様。 この作品は、全体がほぼ同じトーン構成され、深みのある作品はない。 実際、トータルの収録時間も短...もっとみる
Prince
★★★
1979
1作目のアルバムタイトルと真逆で、自分の名前を冠した第2作目。 このアルバムはトータルでの完成度が非常に高く、デビュー作で足りない部分をすべてクリアした感がある。 当時の音楽シーンのニーズをこの2作目ですべてクリアし、3作目以降、常に時代の半歩先を行く大衆音楽の創作を追求していく、、そんなス...もっとみる
For You
★★☆☆
1978
偉大なアーティスト、Princeの第一作目。 以後2000年を超えるまで、ほぼ1年に1作のペースでアルバムをリリースしている。 全曲が本人の作詞作曲(レコード会社の意向で一部、共作になっている。)、全楽器(ドラム、キーボード、ギターなど)も本人が演奏している。 そのレコード会社の扱いから、...もっとみる
The Work
☆☆☆☆☆

Do U Wanna Go Home
☆☆☆☆☆

The Avenue
☆☆☆☆☆

Wonderboy
★★★

The Homecoming
☆☆☆☆☆

Manic Monday
☆☆☆☆☆

Small Club
★★★★
1988/08/18 Lovesexyツアー期のシークレットライブの音源。 ブートレグ作品ではマストアイテムな有名作品。 音質、内容共に、申し分ない。 Princeのライブ音源は、この時期からかなり後に正式発売されているが、当時はPrinceのライブ音源はオフィシャル作品でもリリースされていな...もっとみる
Now's The Time
★★★★
Sign 'O' The Timesツアーのリハーサル音源で、いわゆるサウンドボード音源の完璧な音質。 観客の声もなく、曲間にプリンスやバンドメンバーが軽く会話をしながら、ライブを通しで演奏する。 同じツアーの公式映像作品もリリースされているが、異なるアレンジ、異なる雰囲気が楽しめる。
Atlanta '85
☆☆☆☆☆

Stockholm
☆☆☆☆☆

Peach
☆☆☆☆☆
Oct 2nd & Aug 10th 1993
The Beautiful Experience
☆☆☆☆☆
The Most Beautiful Girl In The World リミックス集
Dance 2 The Beat
☆☆☆☆☆

I`ll Do Anything
☆☆☆☆☆

Jack U Off
☆☆☆☆☆

Miles 2 Nowhere [Disc 1]
☆☆☆☆☆

Atlanta
☆☆☆☆☆
1980/03/06アトランタのライブ音源。 City Lightsシリーズの9公演のうちの1番目。
Columbia
☆☆☆☆☆
1981/12/12 コロンビア公演の音源。 City Lightsシリーズ4作品目。
Paris
☆☆☆☆☆
Princeの80年代の(高音質)ライブ音源をシリーズにしたCity Lightsシリーズの3番目。 1981/06/03 パリのライブ音源。
New York
☆☆☆☆☆
1981/03/21 ニューヨークでのライブ。 City Lightsシリーズの9公演のうちの2番目。
Detroit
☆☆☆☆☆
1982/11/30 デトロイトでの1999ツアーの音源。 City Lightsシリーズ6作品目。
Providence
☆☆☆☆☆
1983/02/10 プロビデンスでの1999ツアー公演の音源。 City Lightsシリーズ9作品中、7番目。
Saginaw
☆☆☆☆☆
1982/02/04 ミシガン州、サギノー公演の音源。 City Lightsシリーズ4作品目。
Now's The Time [Disc 1]
☆☆☆☆☆

Now's The Time [Disc 2]
☆☆☆☆☆

In Rock vol.1 1977-1982
☆☆☆☆☆

In Rock vol.2 1983-1985
☆☆☆☆☆

In Rock vol.3 1986-1988
☆☆☆☆☆

In Rock vol.4 1989-1991
☆☆☆☆☆

In Rock vol.5 1992-1993
☆☆☆☆☆

Amazonで商品検索:Prince

更新:2009/01/27 01:58
ID : 156

サイト内検

最近の登録